読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#4『火花』(又吉直樹/文春文庫)

芥川賞を受賞した際、僕はどうせ話題作りのための受賞だろうと一切手に取らなかった。(なんと偉そうなのだろうか。先生ごめんなさい)

そしてこの作品を読み終えた今、僕は過去の自分を全力でぶん殴りたい。土下座ものである。

僕は純文学をしっかりと読み始めたのは最近なので偉そうなことは言えないが、ラノベやキャラ小説などを好んで読んでいる人は難しいとか、何が面白いの?と感じるかもしれない。

 

物語は、売れない芸人の徳永と彼の師となった天才肌の芸人、神谷さんとの関係を中心として進んでいく。

 

売れっ子芸人で、読書家の作者。その言葉のセンスや観察眼はこの作品の随所で惜しみなく発揮されている。また、作者が言葉の一つ一つを大切にしているのも伝わってくるように思う。作中での主人公たちの掛け合いも面白い。

 

そして、あのラストである。誰がその結末を予想することができようか。作者ならではの独創的な発想にただただど肝を抜かれた。

 

『火花』は間違いなく、純文学である。

 

最後にもう一度。

先生本当にすいませんでした!